1281年1 月 1日に遡る証明書は、タウヌスのクレスタレタズ(修道院)  とラインガウのティエフェンサル修道院 との間で行われた土地区画のやりとりを法令で定めたものです。これは、ノンベルグが初めて言及された時であり、ラインガウ地域で最古のブドウ園サイトの一つであることを証明するものです。ノンベルグは、500 年以上にわたってラインガウ地域の修道院によって所有されておりました。 ティエフェンサル修道院は、ヴィッカ町により広く公的に所有されていて、1237年にユッタ ・ フォン ・ ドルンドルフ によって設立されました。 ノンベルグ ブドウ園 の壁の隅におかれた砂岩で作成された人物像は、最初の修道院長を表しています。

次へ