ブドウ畑の荘厳な名前は、ビクトリア女王の素晴らしいリースリングワインへの愛着からきております。

1845 年、ビクトリア女王は、夫アルバート公とともにホッホハイムを訪問されました。その時、ホッホハイムの長老たちが、この地域で最も素晴らしい畑をもつブドウ園でのワインテイスティングへご夫婦を案内しました。当時、このブドウ畑はゲオルグ・ マイケル・パースマン氏の所有になっていて、後にブドウ園に対し、「ケーニギン・ビクトリアベルグ」(女王ビクトリアベルグ)」の称号を授与されました。

次へ